メッセージ

私のものは、全部おまえのものだ。


2022年02月13日

ルカによる福音書15章25-32節
ところで、兄息子は畑にいたが、帰って来て家に近づくと、音楽や踊りの音が聞こえて来た。それで、しもべのひとりを呼んで、これはいったい何事かと尋ねると、しもべは言った。『弟さんがお帰りになったのです。無事な姿をお迎えしたというので、おとうさんが、肥えた子牛をほふらせなさったのです。』すると、兄はおこって、家にはいろうともしなかった。それで、父が出て来て、いろいろなだめてみた。
しかし兄は父にこう言った。『ご覧なさい。長年の間、私はおとうさんに仕え、戒めを破ったことは一度もありません。その私には、友だちと楽しめと言って、子山羊一匹下さったことがありません。それなのに、遊女におぼれてあなたの身代を食いつぶして帰って来たこのあなたの息子のためには、肥えた子牛をほふらせなさったのですか。』
父は彼に言った。『おまえはいつも私といっしょにいる。私のものは、全部おまえのものだ。だがおまえの弟は、死んでいたのが生き返って来たのだ。いなくなっていたのが見つかったのだから、楽しんで喜ぶのは当然ではないか。』」


「わたしのものは全部おまえのものだ。」父なる神様の心は、いつも私たちに人間と一つでありたいと願われます。その愛は、ご自身のすべてを与えたいと願われるほど強い愛でした。私たちは神様の心を知っているでしょうか?父の心を分からないまま、兄息子は突然怒りだしました。私たちもこの兄のように、神様の深い心を知らないまま生きているかもしれません。

賛美 さやかに星はきらめき|O Holy Night

さやかに星はきらめき、 御子イエス生まれたもう。 長くもやみ路をたどり メシヤを待てる民に、 あ...

まことの神様を知ること

2022年06月26日

ローマ人への手紙1章20節 20 神の、目に見えない本性、すなわち神の永遠の力と神性は、世界の創造され...

本物の神様

2022年06月12日

使徒の働き17章16-17節 さて、アテネでふたりを待っていたパウロは、町が偶像でいっぱいなのを見て、心...

聖霊降臨祭を迎えて

2022年06月05日

使徒の働き2章1-4節 ”五旬節の日になって、みなが一つ所に集まっていた。すると突然、天から、激しい風...